第3話


PSO2コミック 第3話が公開されてました。

→ サイトへ



サイトページの、[マイマガジンに登録] しておくと、

毎月更新時にお知らせしてくれるので、読み逃しがなくていいかなーと、やっておきました。

最新話は一か月で消えちゃいますしね。







そういえば、うえぽの も、公式がほったらかしと

書きましたが、


PSO転送中、左下の広告バナーに、うえぽの が出てたのですね・・

ひさしぶりに、まとめて読ませてもらいました。



あいかわらず変で面白い




PSO2コミック 更新中


例の、PSO2のコミック

第2話が公開されてますね。


→ サイトへ

最新話が出ると、前のは、読めなくなってしまうので注意。






酒井さんも、もっとフォローすればいいのに、

雑誌連載 第3話のほうは、まだ紹介されているので、買ってね、ということでしょうが。






どうも、いろいろ下手だなー



そういえば、ジェネちゃんの4コマまんが、まだ連載されてるのかな。

バトル実装の2週間後にレベルキャップ開放とか ・・・し、失礼、関係ないほうにズレすぎました。




このコミック、Webも更新されるたびに、
公式HPに、お知らせすれば、PSO2、マンガ両方に、相乗効果があると思うのですが。


ゲームのドラマ化

今度、「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」というのが

TBS/MBSの、ドラマ枠で放送されるそうです。 (TBSは火曜の1:43から)

PSOじゃないですけどね。







ネットゲームのプレイヤーが主人公というと、PSOのアニメーションを思い出します。





4Gamerに、詳しい記事があります。

http://www.4gamer.net/games/220/G022016/20170414130/




原作はブログ、
見たら、面白くて一気読みしてしまった。






(ドラマは、) 現実の世界で撮影された実写パートと、FFXIV のゲーム内パートを織り交ぜて構成されています。


実写パートは人間を丁寧に描くことに定評のある野口照夫監督が、
前代未聞のゲーム内パートは山本清史監督が指揮をとりました。


ゲーム内パートの撮影も実写パートの撮影と同じように、
本格的なロケハンを行ったり、衣装を制作したりと入念な準備重ね、プレイヤー本人が監督の指示に従い演技をして撮影しました。




なかなか野心的な試みをしてるみたいですねw

ちょっと期待してます、 こればかりはフタを開けてみないとですが。


新しい金策?

ご存知かもですが、


ヤーキスさん (フランカショップにいる、変なものをほしがるお金持ち)
のオーダーが、緩和されましたね。


アキビンや、ナベルタケなどを、
いちオーダー、10万メセタで買ってくれるのですが、数が、5 → 1個に、変更になりました。


ちょっとした小遣い稼ぎになりますね。

また操作変更?


昨日の生放送で、

96e889d6.jpg
3ボタンタイプの操作設定に「武器アクション」の項目を追加





こういうの、予告されたみたいです。

しれっと流れて、よく判らないっぽいのですが、これって、なにかな・・・。







予想してみたのですが、









 pso20161030_015624_000.jpg

今までは、パレットのひとつに、武器アクションを割り当てる方式だったのが、





・ 武器アクションは、パレットのボタンとは、全くちがうボタンで、発動するようになるらしい。 ⇒


・ 武器アクションが独立したぶん、入れられるPAが、6つに?

(また即、パレットが表だろうが裏だろうが、武器アクションが使える)




・・・という、意味かなー、と思いました。






予想なので、
マイセットのチャットコマンドみたいに、違うかもしれませんが、


大きなアップデートかもしれないなーと。






今までのなじんだ操作方法も、残してあるといいな・・・




せっかくなじんできた3ボタン、また操作覚えなおしーと、なるかもですが、

もし1武器が、6PAなら便利だし、私はがんばって覚えなおしすると、おもいますー。